コロナの影響

最近、多いのは不眠でお悩みの方。

または、主訴が他の事であっても、実は不眠もあるという方。

 

今頃になって自粛での

仕事・生活スタイルの変化の影響が強く出てきていると感じています。

 

これはご自身でも自覚がないことが多いのですが、

カラダやココロのサインを辿っていくと

気付いていないだけで必ずキッカケはあるんです。

 

その中でも典型的なのが

寝つきが悪い、途中で目が覚める、朝早く目覚めてしまうなどの眠りの質の低下。

これは緊張が抜けていないサインなんです。

 

よくよくお話を伺うと5月・6月くらいから徐々に始まっていて、

ジムで運動が出来なくなってからとか

在宅での仕事が多くなってリズムが変わってからとか

自宅で仕事しているからストレスを感じていないと思っている方も多いのですが、

オンとオフの切り替えが出来ていなくて

ずっと活動モードで生活してしまって緊張が抜けなくなってしまっているんです。

 

緊張が強くなるとカラダやココロがのびのび動けなくなってしまいます。

 

自粛前だと緊張したカラダをゆるめるのにいろいろな方法もありましたが、

今は制限があり上手にゆるめるコトが出来なくなってしまっています。

元々、緊張しやすい方や発散が下手な方は尚更です。

 

まずは、緊張を自覚して下さい。

そして、

生活の中に何でもいいから

ゆるめるコトをプラスして下さい。

 

自分が心地良いと感じるコトなら何でもいいです。

 

大事なのは心地良さです。

心地良いコトをすれば、ゆるみます。

(関連記事「リラックスを忘れていると」)

 

自分でゆるめるコトが出来なくなっていると感じている方は、

施術でゆるむお手伝いできますよ。