ホントに元気ですか?

「元気」ってどういう状態だと思いますか?

 

東洋医学的には、カラダの本来の働きが正しく出来ていて、気の状態が調っているコトを言います。

気(エネルギー)が過不足なくスムーズに巡っていてバランスが取れている状態です。

 

回復と活動の切り替え、

消化・吸収・循環・排泄で必要なものを取り入れ余計なものを出せているか、

この中の一つでもネガティブな感覚があれば元気とは言えません。

 

そのためには生き物としての基本の働きである

眠り・目覚め・便通・お腹の調子・生理 が自然のリズムに沿って正しく働いていて、

感情・体調にネガティブな感覚がないことがベース(基準)になります。

 

眠りがいい・・・23時(理想は22時)には布団に入り、10分位でスッと眠り夢も見ずに朝までぐっすり

目覚めがいい・・・目覚ましをかけなくても勝手に目が覚める(目覚ましの前に目が覚めてすんなり動ける)

便通がいい・・・排泄の時間である朝に毎日便が出る

お腹の調子がいい・・・朝起きた時に空腹感がある(前の晩に食べた物がちゃんと消化されて空になっている)

生理が調っている・・・痛みなどの不快な症状もなく周期も安定している(月に一度の生理は排泄でもある)

感情が安定していて体調がいい・・・自分のやりたいことに応じてしなやかに動けるココロとカラダである

 

他にも、余裕がある・強い刺激を求めない・自分らしくいられる・自信がある・自分の能力を発揮できるなど、

どれもポジティブな状態であるコトを元気と考えます。

 

この基本の働きが正しく出来ていて自然のリズムに乗れているかどうかは、朝起きた時にどう感じるかでわかります。

 

前の日に活動して消耗した気(エネルギー)を食事と睡眠で補給して、朝ちゃんと回復できていれば朝から快調なのが普通です。

前の日にムリをしたり、補給が間に合っていなかったり、補給の仕方が良くなかったりすると回復が間に合わず朝起きた時にネガティブな感覚が出て来ます。

 

回復度が10から1まで段階があるとすると、ネガティブな感覚が強ければ強いほど1に近くなり本来の自分から外れた状態になります。

理想は10ですが、本来の自分でいるためには、せめて7か8くらいには回復していることが必要です。

7か8だと、目覚ましで起きて少し眠いけど気分も体調も良い状態です。

10の状態だと、朝起きて回復して満たされたエネルギーを今日一日どう使うかワクワクしていて

自分のやりたいことに応じてしなやかに動けるココロとカラダである状態です。

 

カラダはちゃんとネガティブなサインを出して教えてくれています。

不調があるのが普通になってしまわないように、

不調になる前の小さなサインを見逃さないようにして下さい。

 

いつも目覚めが悪いなんて普通じゃありません。

子供の頃から朝が苦手とか低血圧だからとか言う前にベースが乱れていないかを考えて下さい。

もし、朝起きるのが苦手だとしても

目覚めの悪さがその人にとって一番わかりやすく感じやすい乱れのサインなので、

目覚め以外の所が調って来たら目覚めの感じが変わってくるはずです。

逆にいえばその人にとって最後に調ってくるところなので他が調わないと変わってきません。

それが、生理の人もいれば便通の人もいるし、どんな乱れがいつから出ているのかでも変化の仕方は違ってきますが、

わかりやすし変わりやすいのは目覚めなんです。

 

ベースを調えていったときに今ある症状がどう変化していくかを感じてみると、

先にベースが調ってきてその後に少しずつ変わりやすいところから症状が軽くなっていくはずです。

 

今ある不調やネガティブな感覚はいつから出ているのかを振り返ってみて下さい。

きっと、ベースの乱れが先だったはずです。

それはいつからだったか、そのタイミングで何か生活に変化はなかったか、

原因に気付き、ムリを減らし、生活を調えれば自分で改善出来るんです。

 

ベースが乱れたままで、歳のせいとか、体質とか、ホルモンとか、自律神経のせいにしないで下さい。

ベースが乱れて正しくカラダが働いていないから、老化が早くなるし、ネガティブな症状がより強くなるし、ホルモンも自律神経も正しく働けないんです。

ベースを調えようともしないで何かのせいにするのは無しですよ。

 

調子が悪いのが普通になっていませんか?

もっと元気に自分らしくいられるはずです。

自分の元気を低く見積もり過ぎているなんてもったいないですよ。

 

まずは、ベースを見直してみて下さいね。

 

 

サポートが必要な方はご連絡ください。