スタッフ紹介

院長:対馬勝利(つしまかつとし)

院長:対馬勝利(つしまかつとし)

出身地
北海道稚内市
生年月日
1973年12月28日
趣味
山登り、高校野球観戦、読書、ネコ
血液型
B型
資格
カイロプラクター
資格
jrベジタブルフルーツマイスター

長めのプロフィール

長めのプロフィール

整体院を選ぶとき、

どんな人がやっているのかは気になりますよね。

そのお店が何をやっているのかも大事だと思いますが、

誰が、どんな想いでやっているのかというコトも

とても大事だと思います。

 

初めてご覧いただいた方には

選ぶ基準の一つになると思いますし、

知って来ていだだいた方が何かとお互いにイイと思います。

 

開院当初は技術で勝負みたいな考えがあったし、

むしろ、ちょっと秘めた感じがある方がカッコイイなんて思ったりしていて

プロフィールは簡単でいいと思っていましたが、

やっぱり、

僕が自分でお店を選ぶ時もどんな人がどんな想いでやっているのか

を重視していますし、

来てくれる方に少しでも僕がどんな人かを知ってもらえるといいかなと思い

ちょっと長めのプロフィールを書きました(笑)

 

対馬 勝利(つしま かつとし)

・北海道稚内市に生まれる

1973年(昭和48年)12月28日

 

・2歳から父親の仕事(地方公務員)の転勤で 旭川へ

小さいころの記憶はあまりありませんが、

トウモロコシが好きでプクプクに太っていたようです。(上の写真)

 

・5歳から8歳までは 最東端 根室へ

外でばかり遊んでいたので一年中日に焼けててクロンボと呼ばれていました。

 

・9歳から15歳までは 流氷の町 紋別へ

(紋別市立紋別中学校 卒業)

小学校低学年の時から上級生に混ざり野球をしていました。

中学高校でも野球をやりましたが、今思えば小5の時がキャリアハイでした。

小6の頃おニャン子クラブが大流行し、河合その子が好きでした。

 

・高校の三年間はまた 旭川へ

(北海道立旭川南高等学校 卒業)

特に将来の夢もなくなんとなく普通科に進学、

甲子園にあこがれ硬式野球部に入ったのですが、

中学の時に右肘を痛めたこともあって何を思ったのか無謀にも高校から左投げに、

最初は塁間(約27m)も届かなかったのですが、3年の時は外野からホームまで投

げられるようになり7番レフトでした。(地区大会準決勝で敗退)

※ずっと決勝で負けたと思っていたのですが、先日昔のモノを整理していたら新聞が出てきて準決勝で負けてました。(笑)

 

小学校から高校まで何度か転校をしても野球をやっていたおかげで

友達がすぐできたので馴染めないとかもなくそんなに苦労した覚えはなかったです。

 

 

・高校卒業後は

子供の頃から旅行や地図を見ることが好きだったので、

なんとなくツアーコンダクターを目指し札幌の観光系の専門学校へ行くが、

2年次になんとなく学科変更しホテル科へ。

20歳でニセコのホテルに就職するも、

立松和平の「僕は旅で生まれ変わる」という本に刺激を受け急に日本を飛び出して

此処ではない何処かに行きたくなりホテルを2年で退職。

 

・自分探しの旅へ

札幌でごみの収集やアンティークショップ、土木関係や運送など様々なアルバイトをし

ながらお金を貯めて貯まったら旅行に行くという生活を5年ほどやっていました。

バックパックを背負って東南アジアを放浪していたのですが、

(タイを中心に、インド・ネパール・インドネシア・パキスタンなど)

何か目的があったわけでもなくいわゆる自分探しの旅をしていました。(現実逃避)

 

旅で自分を探しに行ったのにますます自分を見失い迷子になり、

このままではダメだと思いながらもやっぱりやりたいこともわからずに

モヤモヤしながら満たされない日々を過ごしていました。

 

・不摂生で腰痛に

その頃は力仕事をしていたのでギックリ腰を繰り返したり生活も食事も乱れ、

気持ちもヤサグレていたので体調も悪くなったりしていました。

 

しばらく腰痛が続き段々痛みが増してきて、

足のシビレもあったので病院に行ってみると腰椎のヘルニアと診断され

手術を勧められ、考えた末に手術を決断。

(今、カラダのコトを勉強していろいろ知ってみると

あの時の症状は梨状筋症候群で手術の必要は無かったのですが・・・)

 

その後

腰痛が再発しないように予防法やカラダの使い方などを自分で調べたりするように

なってカラダのコトに興味を持つようになり

 

・整体との出会い

そんなある日、手術後のカラダの調整をしてもらいに知人の紹介で整体院に行った時に

カラダがすごく楽になってモヤモヤしていた気持ちも晴れて、

整体師の方に本当に『ありがとう』って思えて、

 

整体ってスゴイな

人のカラダって面白いな

カラダが楽になると気持ちも楽になるんだと感動して何度か通う内に

この仕事、自分も出来ないかなと考えるようになっていました。

 

そこで、整体師さんに

『僕も整体をやってみたいんですけど』と聞いてみると、

「ヤル気があれば誰でもできるけど、人のカラダに触れるわけだから

少なくても2年はちゃんとしたところで勉強した方がいいよ」

と教えてくれたので(その整体師さんは東京で勉強したらしいです。)

 

色々と調べてみると

その当時は、札幌にもいくつかそれ系の学校があり

その中でもカイロプラクティックの自然治癒力を高めるという

言葉に惹かれ

 

・カイロプラクティックの専門学校に入学

20代はフラフラ・モヤモヤしていましたが、30歳の時に一大決心をして

しっかり勉強して『いつかは自分のお店を持つ』と意気込み

日本カイロプラクティック総合専門学院札幌校に入学

 

2年制の18時から21時の夜間の学校で、

週3で技術的なコト、週2で解剖学や病理・栄養・免疫など基礎的なコトを学び、

1年半は深夜のサウナのバイトやマッサージのバイトをしながら学校に通い、

最後の半年はインターンに入り、

その後、6年間付属の治療院で働き経験を積み

 

・夢だった自分の店

2012年 4月 札幌市中央区大通り西24丁目に

グリーンライフカイロプラクティックを開業

その後、2017年 9月 札幌市中央区南3条西24丁目に移転

たくさんの方に支えられ、

2020年4月 おかげさまで8周年を迎えることが出来ました。

 

 

こうやって振り返ってみると、

あの時、モヤモヤしていたから

今、モヤモヤしている人の気持ちも少しはわかるし

ギックリも何度かやっているので、腰痛の人の辛さもわかります。

 

旅の時に感じたコトや見たモノも今の何かに繋がっているし、

いろんなコトがちょっとずつ重なり合って導かれて

たぶん、そうやって今の僕ができているんだと思います。

 

これと言ってドラマチックでもないし、

人生を左右する劇的な何かがあったわけではないですが、

アレもコレも良いコトもそうでないコトも、

回り道したようでもそれはそれで良かったと、

今となっては全部必要なコトだったんだと思います。

 

まぁ 最近やっとそう思えるようになったんですけどね(笑)

 

きっと、これからも色々あるのでしょうが・・・

 

・趣味

スポーツ観戦・・・プロ野球、高校野球(特に夏の大会はグッときちゃいます。)

読書・・・松浦弥太郎、糸井重里、星野道夫、リリーフランキー、

     吉本ばなな、稲垣えみ子、土井善晴、などのエッセイ

音楽鑑賞・・・Curly Giraffe、Caravan、Chilly gonzales、

山登り・・・札幌近郊の日帰りできる山に行き、温泉に入り、野菜を買って帰る。

      冬は円山や三角山に登ります。

好きな食べ物・・・りんご、ブロッコリー、かぼちゃ、

その他・・・ネコと塩の話になると話し過ぎてしまいます。

      古道具屋や昔ながらの喫茶店も好きです。