「なんとなく」を大事にする

『なんとなく』・・・はっきりとした因果関係がないままで、事が起こってくるさま。

形容するための適切な言葉が見つからないさま。 など

同類語だと

気の向くまま、勢いで、無意識の内に、自然に、思いがけず、図らず、   など

状況により、いい意味でも悪い意味でも使われる言葉ですが、

 

『なんとなく』って、

どちらかというと、あまり良い意味で使われていないような気がしますね。

 

それはきっと、

良いように働けば『直観が鋭い』とか『センスがイイ』というように捉えられて、

そうじゃなければ、『適当』とか『いい加減』とかになり、

 

僕は最近まで、

この『なんとなく』を、あまり良いモノだとは思っていなかったのですが、

東洋医学を勉強したり、丹田の意識をするようになってから、

目に見えるモノだけにとらわれずに、イメージすることで起きるカラダの反応を体感したり、

ココロとカラダの繋がりをより深く感じたりして、

今までよりも、自分の『感覚』を大事にするようになりました。

 

そうすると、自分の中にある『なんとなく』が、僕をサポートしてくれているコトに気付き、

今までのあんなコトやこんなコトは、『なんとなく』のおかげなのかも知れない、

これは、もしかしたらすごく良いモノかも知れない、いや、良いモノのはずだと・・・

 

この『なんとなく』は、

言い換えれば、カラダの声(本能・本音・生命・快・魂など)なのかもしれませんが、

 

僕のイメージでは、

そのカラダの声を聞く、前段階のサインというかヒントというかそんな感じがしていて、

それは目に見えないものだし、人それぞれ感じ方も違うものだとは思いますが、

まずは、自分の『なんとなく』を信じて感じてみようと思い、

『なんとなく』は無意識だから、意識する時点で『なんとなく』じゃなくなるかもしれないけど、

その境目を意識してみようと思って、最近、生活の色々な場面で試しています。

 

『なんとなく』の時と、『なんとなく』じゃない時、

それは、

『思考』

『感情』

『感覚』かの違いでもあり、

頭で考えているのか、ココロやカラダで感じているのか、

頭で考えるのが悪いわけではなく、

『なんとなく』感じたモノを説明するためや、

実現(表現)するための方法を考えるのに頭を使うのは良いけど、

見た目とか先入観にとらわれ、頭だけで考えてばかりいると、

『なんとなく』を感じられなくなってしまう。

 

でも、『なんとなく』の感覚だけだと、人に説明できないし、表現も出来ない。

ここに、ココロ(感情)が入り、

自分勝手にならずに、気使いや優しさでバランスを保ち、

調和できると良いですが、それが難しい・・・

だから、その境目がどこで、

どんな時に変わるのかを自覚できるようになれば、

『なんとなく』をキャッチしやすくなり、

精度が高まって、信頼できるようになり、思考や感情に左右されることなく、

ナイスなチョイスが出来るようになるはずです。

 

そうなると、『なんとなく』は、

どんな時でも自分の側にいて、自分をサポートしてくれる、

最高の味方になるんじゃないかと思います。

 

この『なんとなく』をカラダで感じてみる方法はいくつかあるのですが、

シンプルな方法としては、

感じようと頑張るのでもなく、

頭で考えるのでもなく、

感情にも左右されず、

イメージしながら、ただ感じるだけ。

 

イメージなのでそれぞれ違ってもイイと思うのですが、

僕の場合は、

ゆっくり深く呼吸をしながら、

リラックスして、

もう一人の自分が、

ヘソの下の奥の方(丹田)にいるようなイメージで、

聞いて(感じて)みるんです。

 

なるべくストレスなく、

クリアな状態の方がイイのですが、

慣れてくるとある程度のストレス下でも感じられるようになります。

 

大事なのは焦らないで、

ただ、感じるコト。

 

それは、きっと

元々、誰もが持っている感覚で、

『気付くとか』

『思い出す』

という感覚に近いかもしれません。

 

それは、自分だけの感覚で、

正しいとか間違えとか(思考)、

好きとか嫌いとか(感情)、

じゃなく、

カラダで感じる『快か不快か』、『心地よいか心地よくないか』なんです。

 

いろんな選択をする時に、カラダで感じてみる、ただ感じてみる。

 

頭デッカチになっていたり、

感情に振り回されていては、良いチョイスはできませんからね。

 

ちゃんとカラダを労わって、

カラダと仲良くして、

カラダに嘘をつかないで、

カラダが喜ぶコトをしてあげると、

そこに、カラダとの信頼が生まれて自信がついてきます。

そうすると、言うことも聞いてくれるし、いろいろ教えてくれると思います。

過信はダメですけどね(笑)

 

『なんとなく』感じる方を選んでみる。

その繰り返し、

それは自由でもあり、責任でもあります。

 

決めるのは自分、答えは内側にあるんです。

 

外側の色々な情報は選択肢であって、答えではありません。

 

本当に大切なモノは、

目に見えないモノらしいです。

 

『感じる』には、なるべくクリアでリラックスしていた方がイイですが、

ココロやカラダのバランスが崩れていると感じにくいです。

言い換えれば、感じられないからクリアになれないし、

リラックスできなくて、ストレスが続き不調になるとも言えます。

 

そんな時は整体で、

感じられるカラダ・信じられるカラダに調整する(戻る)お手伝いも出来ますよ。