便秘

便秘

つらい便秘を

改善するにはどうしたらいいの?

便秘のタイプと症状

排便には個人差があり、人によっては一日に数回排便があったり、2~3日に1回のペースということも。毎日排便がなくても、お腹の不調や排便の苦痛などを感じなければ便秘ではありません。

反対に、何日も排便がなくお腹に張りを感じたり、毎日排便はあるものの排便が困難だったり苦痛を感じたりする、といった場合は便秘にあたります。

                                   

①弛緩性便秘

大腸の働きが低下したために起こる便秘。腸管の緊張が緩み、便を押し出すぜん動運動が十分に行われないため、スムーズに送り出せず大腸内に溜まる。その結果、便から水分がなくなっていき、やがてカチカチに硬くなる。便秘の中でも一番多いタイプです。

慢性便秘の多くはこのタイプで、③の直腸性便秘を伴っていることも少なくありません。

このタイプの便秘は、お腹が張る腹部膨満感や便が出きらない残便感、さらに、肩コリや頭痛、手足の冷え、だるさ、食欲低下などの症状がみられる場合もあります。

運動不足などで内臓を支える筋力が弱いために胃や腸などの内臓が下垂している方や、出産で腹筋が弛緩している女性、体力の低下している高齢者に多く見られます。

 

②痙攣性便秘(過敏性腸症候群)

自律神経の乱れが「出ない」「出すぎ」を招くタイプ。副交感神経が過度に興奮することによって腸管が緊張し、便がうまく運ばれずコロコロとした便になる。

大腸の蠕動運動が強すぎて腸が痙攣(けいれん)起こし、便をスムーズに送り出せず便秘になったり、逆に水分が十分に吸収されないまま出てしまうため下痢を起こす。便秘と下痢が交互に起こったり、慢性の下痢が起こったりすることもあり、食後にお腹が痛くなるのが特徴で、ストレスが最大の原因と言われる。

                                 

③直腸性便秘

便が直腸に到達しても排便のサインが起こらず、直腸に便が停滞してしまう状態のこと。排便を我慢することが原因となるほか、高齢者や寝たきりの人に多い。溜まっているのに感じない人も。

長い時間溜まった便は、水分が吸収され硬くなり、思い切りいきんで絞り出す状態。

直腸の神経が鈍くなってしまっていることが原因

                             

④遅延型フードアレルギー

食物を摂取後、数時間から数週間後に症状が出現する食物アレルギー。

小麦や乳製品など、いつも何気なく食べている物で腸内環境が乱れ、気分不良や頭痛、肩こり、吐き気、集中力の低下、全身倦怠感、めまい、うつ、などの様々な症状が出現する。便通はすっきりと出たことがなく、数日間排便がないかと思うと、急にお腹が痛くなり下痢になることがある。

病院の検査でも特に異常が診られない。

 

便秘が続くと多くの人が感じるのが、腹部膨満感、いわゆる、お腹が張った状態です。

腸内で悪玉菌が繁殖していくので、食べたもののカスが腐敗し、ガスを発生しやすくなります。

腹痛も起こしやすくなり、腸に溜まった便やガスは、出口が塞がれ、狭いところに閉じ込められた状態になるので、腸から便やガスを肛門側へ送ろうとするので痛みを生じやすく、特に腸のたるみが多いS字結腸(左下腹部)の部分に腹痛を起こしやすくなります。

便秘が続くと腸全体の働きが悪くなって、食欲不振も起こりやすくなります。また、腸全体の動きが悪くなることによって、消化液が消化管に溜まりやすくなり、吐き気を起こすこともあります。

こうした内臓のトラブルにより、新陳代謝が滞ることによって、肌のハリやツヤがなくなったり、腸内で老廃物が次第に腐敗し毒素が出ることで、吹き出物やシミ、ニキビができたり、さらに、イライラ、不眠、頭痛、肩こり、めまいなどを引き起こすこともあり、硬い便をいきんで排泄しようとすることで、痔が起こることもあります。
このように、便秘は様々な症状を引き起こすリスクがあります

                         

東洋医学の便秘の考えと対策

東洋医学では大きく分けて2つのタイプ

しまり過ぎているゆるみ過ぎているで考えます。

東洋医学の考えを使うと、カラダに出ている症状やココロの状態、欲する食べ物で、今の自分の状態を知ることが出来ます。

その上で、大腸の蠕動運動がどうなっていて、どうなりたいのかを考えます。

                                     

・しまり過ぎ

原因・・・緊張している、頑張りすぎている、合わないことをしている、やりたいことをしていない、感情を抑えている、ストレス、食事の乱れなど

症状・・・便が硬い、尿の色が濃い、暑がり、赤ら顔、怒りっぽい、口が渇く、口臭、お腹が張って痛むときがある

内臓が固まり、気が巡らず大腸が動いていない。気血がこもっている・滞っている状態。

「気」(エネルギー)が過剰な状態で、怒りっぽい、暑がり、味の濃いものや油っこいもの、辛いものが好き、お酒をよく飲む、という人に多く見られます。

対策・・・カラダの熱を冷まし巡らせる食べ物を摂ったり、適度にカラダを動かすように心がけましょう。

 

・ゆるみ過ぎ

原因・・・甘いものやアルコールなどカラダをゆるめる性質のモノの食べ飲み過ぎ、食事の乱れなど ※しまり過ぎたのを、ゆるめようとして、ゆるみ過ぎてしまうことも

症状・・・便が出にくい、脱肛、息切れ、倦怠感、冷え、顔色が白い、動悸、めまい、

内臓がゆるみ過ぎて大腸が動かなく便を押し出せない、内臓がうまく動かないので気を作れない。エネルギー不足の状態。

「気」(エネルギー)が不足していると、胃腸も冷えて働きが低下し、便が出にくなってしまいます。便秘だけでなく消化不良や食欲不振、軟便、下痢など、様々な胃腸の不調があらわれることもあります。

対策・・・カラダを冷やさないようにして、温め巡らせる食べ物を摂り、胃腸の働きを高め、基本的な体力をつけて気を養いましょう。

 

 

便秘を改善するにはどうしたらいいのか?

大事なのは、

しまり過ぎかゆるみ過ぎか、どっちなのか知り、

生活を振り返って、どうしてそうなったのかに気付き、

今、カラダがどうなりたいのかを知ることです。

 

自分のタイプを知らないで、一般的に「便秘にはこれが効く」というモノや薬を使ったとしても、あなたのタイプには合っていないかも知れないし、逆効果だったりしてしまいます。

 

そして、覚えておきたいことは、「腸はリズムを大切にする臓器である」ということ。

よく、「旅行先で便秘になってしまう」という人がいますよね。それは旅行に出かけると、生活環境や食事、睡眠の時間などが変わってしまい、体内リズムが乱れてしまったことが原因。
つまり、不規則な生活を続けると腸のリズムが乱れ、働きが弱まってしまいます。

便秘を改善したいと思ったら、まずは、食事や就寝、起床の時間を一定にすることが必要です。
また、日常的にストレスを感じている人も、自律神経のバランスが乱れやすくなり、腸の働きが鈍くなってしまいます。
ストレスをためず、ココロもカラダも季節の変化に合わせた自然で柔軟な生活を送ることが、改善の第一歩になります。

 

当院では、

シンプルに考えて、

どちらの状態になっても大腸が動かなくなるので、

しまり過ぎて動かない場合は、ゆるめる。

ゆるみ過ぎて動かない場合は、しめる。

 

大腸だけではなく内臓全体、カラダ全体が正しく働くように調整していきます。

カラダがととのってくると、しまり過ぎは適度にゆるみ、ゆるみ過ぎは適度にしまり、本来の状態になっていきます。

また、それぞれのタイプに合わせた食べ物や簡単なエクササイズ、いい状態を維持していくための養生法をご提案しています。

 

体内の有害物質を外へ出す排便は、健康を保つ上でも大切なことです。

つらい便秘でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

どうして当院の施術で

改善するのか?

本来の自分に戻るお手伝い

1. 出ている症状(表面的)ではなく、本当の原因(根本的)を解決する。

バランスチェック

今、カラダがどうなっていて、

そして、どうなりたがっているのか?

 

カラダやココロの状態を独自の検査や東洋医学の

考えを使ってチェックし、

どこのバランスが崩れているのか、

どこにストレスがかかっているのかを探し、

何故そうなるのかを考え、

どうすればその原因が解決するかを探っていきます。

2. 安心・丁寧・心地よい施術(調整)

内臓の調整

原因の解決のために経絡・筋肉・骨格・内臓・自律神経を中心に、

一人ひとりの状態に合わせた施術で全身のバランスや気の流れ(陰陽)をととのえて、

本来の力が発揮できるようにサポートします。

安心・丁寧・心地よい施術を心掛けていますので、

痛みを感じるコトは、ほとんどありません
(※無理にボキボキするようなコトはしません)

 

経絡の調整・・・気の流れをととのえます

筋肉の調整・・・筋膜や深層筋にアプローチしバランスをととのえます

        (強くゴリゴリ揉みほぐすようなことはしません)

骨格の調整・・・歪みや動きをととのえます(無理にボキボキしません)

内臓の調整・・・お腹にやさしく手を当てて、内臓や横隔膜の働きをととのえます

自律神経の調整・・・関わりの深い頭蓋骨(脳幹)や上部頸椎などをととのえます

 

※カラダの状態・反応を診ながら調整の割合(時間配分)は変わってきます。

 

3. 『自分で自分のカラダを守れるように』というご提案

施術写真

不調の原因は様々ですが、必ず普段の生活の中にあります。

その多くは何かの過不足や不自然なコトによって、

あなたにとっての丁度イイ状態から外れてしまい

バランスを崩してしまうことが原因になっています。

                           

人間も自然の一部ですから、

自然の理にかなった暮らしを心掛け、

過剰なものは控え、

足りないものは補い、

ニュートラルな状態でカラダの声を聞きながら、

無理なく上手にバランスを取って行けるといいと思います。

 

当院では、東洋医学の陰陽五行の考えを基に、

毎日の暮らしの中で無理なく楽しく続けられて、

誰かや何かに頼らなくても、

自分で自分のカラダを守れるようになり、

『元気になるためにはこういう方法もあるんですよ』

というご提案をさせて頂いています。

 

大事なのは何が原因なのか気付くコト

今はつらくてわからなくても、

整体施術で、ととのってニュートラルになる気付けます。

そして、
ニュートラルな状態になるコトで、

あなたにとっての『丁度イイ』(本来の自分)に戻ることが出来て、

自分で上手にバランスを取れるようになって、

自分で自分を守ることが出来ますよ♪

■ ホームページ限定特典(1日2名限定)

\今だけ!/ 通常初回価格60分 5,000円(税込)
半額2,500円(税込)

※初回はカウンセリング・着替え・会計等、施術時間にプラス20分程お時間をいただきます。

※無料の着替えをご用意してあります。

※特にお持ちいただくものはありません。

※ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

その他、質問はこちらをご覧下さい。

※限定企画のため、当日は予約が取りにくくなっております。

 早目のご予約をオススメ致します。

LINE予約