生理痛

生理痛

生理によるつらさを

改善するにはどうしたらいいの?

生理痛の原因は?

女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)、この2つのホルモンが排卵を境に大きく変化することや、子宮を収縮させる物質のプロスタグランジンの影響と言われていますが、その他にもストレスや不規則な生活などによって自律神経やホルモンのバランスが崩れることも要因になります。

 

生理痛といっても、痛みの程度、痛む場所など症状は一人ひとり様々です。多くの女性の悩みでもある生理痛ですが、その痛みを人に伝えることは難しいもの。

「生理痛はあってあたり前」、「いつものことだから」と、思ってあきらめていませんか?

生理痛の改善は女性のカラダを根本からととのえることにも繋がるので、

それぞれの原因を理解することが大切になります。

東洋医学の生理の考え方

『痛みがないのがあたり前』

東洋医学では、女性のカラダは7年ごと(男性は8年)に節目を迎え、変化が現れると考えます。7歳頃に歯が生え変わり、14歳頃に初潮、21歳頃に成熟期を迎えます。生理のリズムも同じように「7」の倍数が基本で、個人差はありますが健康な生理の日数は7日前後、生理の周期は28日(7の4倍)前後です。

経血の量は多すぎず、色は赤色で粘り気や大きな塊がないようなら問題はないでしょう。また、東洋医学では痛みのある月経を「痛経(つうけい)」と呼び、

「生理痛」は“ない”のが正常な状態と考えます。

 

このような“健康的な生理”の基本を踏まえると、生理痛がある、周期や日数が乱れる、量や色が気にかかるなど場合は、体内の「気」「血(けつ)」の働きが乱れていると考えます。

つらい症状や、経血の量や色などでカラダの中の状態を教えてくれているのです。

だから、生理で今のカラダの状態がわかるので、「元気になるために便利なコト」でもあり、「カラダにとってイイコト」でもあるのです。

その上で、どうしてそうなったのかを振り返り、原因を知り、生活を見直し、根本的に改善していくことが大切になります。

わたしのカラダはどうなっているの?

『1ヶ月の過ごし方の答え合わせ』

生理には大きく分けて「妊娠の準備」と「月に一度の大掃除」という2つの役割があります。

着床しなかった子宮の内側の膜がはがれて経血として体外へ排出されますが、この時に排出しづらい状態になっていると様々な症状を伴います。

 

なぜ、排出しづらくなったのかな?

1ヶ月の過ごし方を振り返り、

「何か溜まっている」のかな?「出す力が足りない」のかな?と考えます。

 

生理前、前半に痛みがある・・・カラダの中に要らないものが溜まっている

生理後半、終わってから痛みがある・・・カラダに「気」が足りない

生理前も後半も痛い・・・要らないものが溜まり、「気」も足りない

 

溜まっている時のサインは経血が出ずらく、出ると(2日目位から)楽になるのが特徴で、

そして、何が溜まっているのかは一緒に出ている症状でわかります。

・お腹が冷える・・・カラダに冷えが溜まっている(熱を作れない)

・のぼせる、イライラする・・・熱が溜まっている(上にこもっている)

・胸やお腹が張る・・・気の巡りが悪くなって溜まっている

・むくむ、重ダルイ・・・水が溜まっている

・肌荒れ、血の塊・・・汚れた血が溜まっている

足りない時のサインは出血後にシクシクお腹が痛い、体がダルイなどで、

何が足りないのかは周期や期間でわかります。

・生理周期が早い・・・気が足りない

・生理周期が遅い・・・血が足りない

・出血が続く・・・気が足りない

何が溜まっているのかがわかれば、出せるようにしたり、溜まらないようにしたり、巡らせてあげればいい。

何が足りないのかがわかれば、ととのえて、補ってあげればいい。

 

細かいことは後からでいいので、先ずは「溜まっているのかな?」「足りないのかな?」「溜まっているし、足りてもいないのかな?」とイメージすることが大事になります。

その上で、どうしてそうなったのかを考えて、次はそうならないように工夫する。

 

今までより少し工夫して、やさしい生活をして、カラダをととのえてみて、どう反応が出るか?

その答えは次の生理がどうなるかでわかります。

だから生理は、1ヶ月の過ごし方の答え合わせなんです。

 

痛みのない人はととのっている。

ととのっている人は痛みがないというコトです。

原因と対策がわかれば不安は消える

生理痛を改善することは、女性のカラダを根本からととのえることにも繋がります。

当院では、一人ひとりの原因に合わせた整体施術での調整と、日常の生活の中で無理なくできるような対策をご提案しています。

特に食べ物の影響は大きいと感じています。

東洋医学の考えを使えば、病院や薬に頼らなくても自分で出来るコトがたくさんありますよ♪

 

 

生理痛でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

どうして当院の施術で

改善するのか?

本来の自分に戻るお手伝い

1. 出ている症状(表面的)ではなく、本当の原因(根本的)を解決する。

バランスチェック

今、カラダがどうなっていて、

そして、どうなりたがっているのか?

 

カラダやココロの状態を独自の検査や東洋医学の

考えを使ってチェックし、

どこのバランスが崩れているのか、

どこにストレスがかかっているのかを探し、

何故そうなるのかを考え、

どうすればその原因が解決するかを探っていきます。

2. 安心・丁寧・心地よい施術(調整)

内臓の調整

原因の解決のために経絡・筋肉・骨格・内臓・自律神経を中心に、

一人ひとりの状態に合わせた施術で全身のバランスや気の流れ(陰陽)をととのえて、

本来の力が発揮できるようにサポートします。

安心・丁寧・心地よい施術を心掛けていますので、

痛みを感じるコトは、ほとんどありません
(※無理にボキボキするようなコトはしません)

 

経絡の調整・・・気の流れをととのえます

筋肉の調整・・・筋膜や深層筋にアプローチしバランスをととのえます

        (強くゴリゴリ揉みほぐすようなことはしません)

骨格の調整・・・歪みや動きをととのえます(無理にボキボキしません)

内臓の調整・・・お腹にやさしく手を当てて、内臓や横隔膜の働きをととのえます

自律神経の調整・・・関わりの深い頭蓋骨(脳幹)や上部頸椎などをととのえます

 

※カラダの状態・反応を診ながら調整の割合(時間配分)は変わってきます。

 

3. 『自分で自分のカラダを守れるように』というご提案

施術写真

不調の原因は様々ですが、必ず普段の生活の中にあります。

その多くは何かの過不足や不自然なコトによって、

あなたにとっての丁度イイ状態から外れてしまい

バランスを崩してしまうことが原因になっています。

                           

人間も自然の一部ですから、

自然の理にかなった暮らしを心掛け、

過剰なものは控え、

足りないものは補い、

ニュートラルな状態でカラダの声を聞きながら、

無理なく上手にバランスを取って行けるといいと思います。

 

当院では、東洋医学の陰陽五行の考えを基に、

毎日の暮らしの中で無理なく楽しく続けられて、

誰かや何かに頼らなくても、

自分で自分のカラダを守れるようになり、

『元気になるためにはこういう方法もあるんですよ』

というご提案をさせて頂いています。

 

大事なのは何が原因なのか気付くコト

今はつらくてわからなくても、

整体施術で、ととのってニュートラルになる気付けます。

そして、
ニュートラルな状態になるコトで、

あなたにとっての『丁度イイ』(本来の自分)に戻ることが出来て、

自分で上手にバランスを取れるようになって、

自分で自分を守ることが出来ますよ♪

■ ホームページ限定特典(1日2名限定)

\今だけ!/ 通常初回価格60分 5,000円(税込)
半額2,500円(税込)

※初回はカウンセリング・着替え・会計等、施術時間にプラス20分程お時間をいただきます。

※無料の着替えをご用意してあります。

※特にお持ちいただくものはありません。

※ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

その他、質問はこちらをご覧下さい。

※限定企画のため、当日は予約が取りにくくなっております。

 早目のご予約をオススメ致します。

LINE予約

生理痛に関する関連記事