子宮内膜症

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、本来なら子宮の内側の壁を覆っている子宮内膜が、子宮の内腔以外の部位に発生し発育を続け、20~30歳代の若い世代の女性に発症することが多いとされています。

子宮内膜は本来、受精卵が着床し、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の働きによって妊娠に向けて増殖・成熟が促されますが、排卵後2週間ほど経っても着床がない場合は、子宮内膜が子宮の壁から剥がれ落ちて出血と共に体外へ排出されます。

この現象を“月経(生理)”と呼び、月経が終了すると次の妊娠の機会に備えて再び子宮内膜の増殖が開始されますが、この約1か月の周期は、子宮内膜症で形成される異常な部位に生じた組織にも影響を与えます。

子宮以外の場所にできた内膜は、月経と同じように剥離・出血を繰り返しますが、通常の月経のように血液や内膜を体外に出すことはできないため、血液が溜まって嚢腫ができたり、臓器との癒着が起きて痛みが出たりします。

発生しやすい場所は骨盤内(腹膜、卵巣、ダグラス窩(子宮と直腸の間のくぼみ)など)で、発生する部位によって、腹膜や臓器の表面にできる「腹膜子宮内膜症」、子宮の筋層内にできる「子宮腺筋症」、卵巣の中にできる「卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)」などに分かれます。

また、この異常な組織は体外へ排出されずに体の中に留まり、炎症を起こし周囲の組織と癒着して慢性的な腹痛を引き起こしたり、不妊症の原因になったりすることも少なくありません。

西洋医学的な治療では薬物療法や手術などを行いますが、再発するリスクが高く慎重な経過観察が必要となります。

原因

どのようなメカニズムで子宮内膜症が発症するのか明確に分かっていない部分が多いものの、20~30歳代の若い女性に発症しやすいことなどから女性ホルモンの作用によって引き起こされると考えられています。

東洋医学で診る子宮内膜症

東洋医学では、ホルモンの作用のせいにするのではなく、子宮内膜症の症状だけを診るのでもなく、なぜそうなってしまったのかをカラダ全体として診ていきます。

東洋医学では『生理は一ヶ月の過ごし方の答え合わせ』と考えます。

一ヶ月の過ごし方にムリがなく優しい生活をしていれば、カラダは正しく働くので、生理痛はないのが普通です。

月に一度の排泄という生理の時にカラダの中に余計なものが多かったり、出す力(気)が足りなかったり、巡りが悪くて出しずらくなっていたり、冷えていたり、カラダをキレイにする働きが弱っていたりすると、生理の時に経血として排出されるものが正しく出せないために子宮内に残り様々な症状として表れます。

生理の時に何をため込んでいる(出せなくなっている)かで症状は変わってくるので、合わせて出ている症状でカラダの中で何が起こっているいるかを診て原因を探っていきます。

(関連記事:生理痛

なぜそうなったのかという原因に気付き、生活を見直し、カラダが正しく働くようになれば、余計なものをため込まないカラダになるし、生理の時にちゃんと体外に出せるので悪化を防ぐことは出来るし、小さくなったり消えていくこともあります。

画像での診断も大事ですが、出ている症状や、カラダ全体として正しく働いているかを診ていくコトで原因がわかってきます。

ホルモンが原因なのではなく、ホルモンが正しく働けないようなカラダになっているコトが問題なのです。

ホルモンが正しく働いていないのは、原因ではなく結果です。

カラダが正しく働いていれば、ホルモンも正しく働きます。

 

薬や手術で症状を抑えてもカラダの働きが正しく出来てなければ、また余計なものがカラダに溜まるので再発してしまいます。

 

何を溜め込んでいたのか、なぜカラダが正しく働けていないのかを合わせて診ていくコトで改善が早くなるし再発も防げます。

 

東洋医学の考えは西洋医学と相反するものではありません。

何を重要視するかの視点が違うだけで、お互いの考えを共有できるモノです。

西洋の治療をするにしても、東洋の考え方でカラダを調えていくと治療効果も出やすいとおもいますよ。

 

当院では、東洋医学の考え方でカラダ全体を診ていき、カラダが正しく働けるようにサポートするコトで改善をはかります。

また、生活の中でムリなく簡単にできる養生法やカラダからの声の聞き方(サインの見方)もお伝えしています。

 

生理や婦人科系の症状でお悩みの方は、お気軽にご連絡ください。

きっと、何かお力になれると思います。